大型免許を取得してトラックやバスを運転しよう

就きたい仕事で必要などの理由から、大型免許の取得を考えている学生もいるでしょう。そこで、大型免許で運転できる車や、取得の方法などを紹介します。

大型免許とは?どんな車が運転できる?

大型免許というのは、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、または乗車定員が30人以上の車を運転する際に必要な免許です。よって、大型免許を取得すればトラックやタンクローリー、バスなどを運転できます。もちろん一般的な乗用車や原付、中型免許が必要なマイクロバスなども運転できます。ただし路線バスなどの場合は、大型二種という別の免許が必要なので、注意してください。また、原付は運転できますが、バイクの運転には二輪免許が必要です。

大型免許を取得する方法や流れについて

大型免許を取得する方法は、普通自動車免許とそれほど変わりません。教習所に通う通学免許や、宿泊しながら取得する合宿免許などがあります。そして一発試験もありますが、大型免許の場合は難易度がとても高いです。そして、大型免許を取るためにはクリアしなければいけない条件が3つあります。1つ目は、普通自動車免許や大型特殊免許などを取得してからの運転経歴が、通算で3年以上あること。2つ目は、満21歳以上であること。そして3つ目は、規定の視力や聴力、色彩識別能力や運動能力があることです。まずはこれらの条件を満たしているかどうかを確認してください。

そして大型免許取得までの流れも、基本的には普通自動車免許と同様です。ただし、すでに持っている免許が準中型免許(5t限定)以外の場合は、学科教習がありません。まずは、第1段階の技能教習を受けます。そして必要な教習を受け終わったら、仮免許証を取得するために検定を受けます。そして合格すれば、第2段階のスタートです。第1段階と同じく全ての教習を受け終わったら、卒業検定を受けて合格しましょう。その後、運転免許試験場に行って、適正検査を受ける必要があります。なお、普通自動車免許の場合は学科試験がありますが、大型免許の場合は免除されます。

大型免許取得にかかる費用と日数

大型免許取得にかかる費用は、どの免許を持っているかによって異なります。さらに、取得する方法や時期でも差があるでしょう。まず、普通自動車免許を持っており教習所に通う場合は、35~40万円程度かかります。そして、準中型免許を持っている場合は32万円前後、中型免許を持っている場合は23万円前後でしょう。

一方、普通自動車免許を持っており合宿免許に参加する場合は、26~36万円くらいかかります。そして準中型免許の場合は30万円程度、中型免許の場合は20万円程度です。なお、仕事で免許が必要な場合には、「教育訓練給付制度」という制度を利用して割り引きが受けられることもあるので、確認しておきましょう。ちなみに、一発試験の場合は、本免許試験と取得時講習の費用を合わせて約3万円です。ただし、一発合格できなくて何度もチャレンジした場合は、その分費用もかかります。

合宿免許を活用して大型免許を取得しよう

大型免許は、かかる費用が大きくて大変です。しかし、将来就く仕事によっては必要なことも考えられるため、合宿免許を活用することをおすすめします。

Comments |0|

Legend *) Required fields are marked
**) You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
In category: 未分類