一人で行く合宿免許!メリットや注意点は?

最短2週間での免許取得が可能な合宿免許、そんな合宿免許は一人からでも参加できることを知っているでしょうか。友人と一緒に複数人で参加するイメージの強い合宿免許ですが、一人で参加することにはメリットがたくさんあるのです。そこで今回は合宿免許に一人で参加するメリットと注意点について簡単にご紹介します。

目次

一人で参加する人は意外と多い

合宿免許と聞いて頭に浮かぶ「友人と楽しく旅行気分で免許を取る」というイメージから、一人での参加を渋る人は少なくありません。一人で行って寂しい人だと思われないだろうか、孤立してしまわないだろうかと不安に思い、なかなか勇気を出せない人もいるのではないでしょうか。しかし、ある調査によると合宿免許に参加する人の約半数は「一人で参加」していることが分かりました。会社や学校の都合、「一人のほうが集中できる」など選ぶ理由は様々ですが、合宿免許に一人で参加することは決して珍しいことではないのです。

一人で参加するメリット

合宿免許に一人で参加することにはたくさんのメリットがあります。

合宿免許で友人を作れるチャンスがある

合宿免許には免許の取得を目指す様々な人が集まります。普段学校や会社ではなかなか一緒にならないような人たちと交流できる貴重な場なので、あえて一人で参加し交友関係を広げるには最適な場といえるのではないでしょうか。また相部屋や実習などで他の参加者と話すチャンスが豊富にあるので、仲良くなるきっかけづくりは事欠きません。たとえ一人で参加していても合宿中に友人ができれば、楽しい日々を過ごすことができます。

自分なりの過ごし方で免許の取得を目指せる

合宿免許では他の参加者と交流をしながら免許を取得するという方法もありますが、逆に一人で集中して免許を取るという方法を取ることもできます。合宿プランも相部屋か個室かを自分で選ぶ場合がほとんどのため、自分の希望で無理なく免許の取得を目指すことができます。

最速最短で免許を取得できる

免許の取得を目指す場合、通常の自動車教習所では免許取得までに約2〜3ヶ月はかかりますが、合宿免許の場合はAT車が最短14日、MT車が最短16日で取得が可能です。なので長期休暇を使って免許を取りたい、一人でパパっと免許を取りたいという人は合宿免許への参加がおすすめです。

一人で参加するときの注意点

自分の希望に合わせてプランを選ぶ

合宿免許では一人参加の場合、一人で過ごせる個室と、他の参加者と一緒に過ごす相部屋のどちらかを選ぶことができます。個室は相部屋と比較して料金が高くなりますが、プライベートな時間を確保したい、他の人と一緒に寝泊まりするのは少し不安、という人に向いているプランです。逆に相部屋は少しでも合宿費用を抑えたい、一人で泊まるのは心細い、他の参加者と仲良くなりたいという人におすすめです。合宿免許は約二週間あるため、自分がどのように過ごしたいかをしっかり考え選ぶようにしましょう。

暇つぶしのアイテムを持っていく

合宿免許中、授業や実習以外の時間はほぼ自由時間となっています。多くの参加者はその時間を使って近所で買い物や軽い観光をしたり、友人たちと集まって楽しい時間を過ごしますが、一人で参加した場合には時間を持て余してしまいがちです。そのため本や漫画、ノートパソコンなど暇つぶし用のアイテムを持っていくのが良いでしょう。またゲーム機など大人数で遊べるものは、他の参加者とのコミュニケーションのきっかけにもなるのでおすすめです。

他の参加者とコミュニケーションを取る

合宿免許に一人で参加する人の中には、免許さえ取得できればいいと他の参加者と一切交流しない人もいます。確かに必要以上に他の参加者と親しくなることが良いというものでもありません。しかし免許取得という同じ目標に向かって勉強に励む参加者との交流は、自身のモチベーションのアップに繋がります。なので、他の参加者とも最低限のコミュニケーションは取るように心がけましょう。

合宿免許で楽しく免許の取得を目指す

合宿免許には、実に様々な人が参加してきます。大人数でワイワイ楽しむのが好きな人もいれば、一人でのんびり過ごすのが好きな人もいて、それぞれが自分にあったスタイルで免許の取得を目指せるのが、合宿免許の良いところです。一人で参加するのが少し不安だという人も、少し勇気を出してぜひ合宿免許に参加してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる