免許の取得方法は3通り!その違いは?

運転免許の取得にはどんな方法があるのでしょうか。それぞれの特徴や、他のやり方との違いをご紹介します。

時間の融通が利きやすい通学免許

通学免許とは、教習所へ通って講習を受け、卒業後に運転免許試験場で適性検査と学科試験を受けて合格し、免許を取得する方法です。自分の都合のいい日時に予約を取って通学ができますので、まとまった休みが取れない場合などにも便利な方法と言えます。ただ、夏休みなどは混みあうため予約が取りづらいこともあるので注意が必要です。免許を取得できるまでの期間は、多くの場合数ヶ月かかると言われています。1日に受講できる技能教習の数が限られていたり、1回で合格のハンコをもらえないこともあったりするためです。また、免許取得にかかる費用はおよそ30万円前後と言われていますが、再教習を受けたりするとその分の教習代が加算されますので、人によって金額は変わってきます。

通学免許の場合は地元の教習所に通えるため、自分が日頃から慣れ親しんでいる道で路上教習が受けられる可能性があります。ただ、教習所を選ぶ際には注意点があります。教習所には指定教習所とそうではない教習所があり、指定外の教習所では仮免許の技能試験を受けることができません。その場合は運転免許試験場へ別途受験に行くことになりますので、教習所を選ぶ時には自宅からの近さだけでなく、指定かどうかの確認も必要と言えます。

短期集中の合宿免許

指定の宿舎に泊まりながら教習を受けて免許を取得できるのが、合宿免許という方法になります。通学免許と流れは大きく変わりませんが、教習所の卒業までを最短2週間で済ませることができ、免許の取得期間が非常に短いのが特徴です。連日集中して技術や知識を身につけるため、向上するのも早い傾向があります。また、合宿免許の宿舎は、教習所直営の学生寮からホテル、ペンションまでさまざまな施設があります。料理を売りにしている施設もあり、旅行気分で合宿場所を選ぶ人もいるようです。

通学免許の教習所は地元住民が通うことが多いのに対し、合宿免許の教習所は施設の快適さやサービス目当てに遠方からも生徒が集まります。そのため教習所同士で価格競争になり、合宿免許の費用は安く済む傾向にあります。しかも、たいていの教習所では交通費が支給されたり一部補助が出たりするのです。ただし気をつけたいのは、利用時期が宿の繁忙期か閑散期か、相部屋にするかどうか、食事は自炊にして食材も自分で買いそろえるか、こうした条件により値段が変わってくるということです。よって値段は人それぞれとなりますが、一般的には25万円前後がだいたいの相場と言われています。

経験者向けの一発試験

さて、上記2つは教習所で知識や技能を学んで免許を取得しますが、そうではないやり方も存在します。いきなり運転免許試験場へ行って試験を受ける方法で、一発試験と呼ばれるものです。まずは仮免許を取得し、そのまま本免許の試験を受け、合格すれば教習所で取得時講習を受けて、免許交付となります。運転の知識は自分で勉強ができるとしても、安全な運転技術は自力で学ぶことは困難です。よってこの方法は、一から運転を学ぼうとする人に向いているとは言えず、過去に運転経験があり何らかの理由で免許取消しになった人などが、免許を取り直すため利用することが多いのです。

あなたに向いてるのはどの方法?

免許取得の方法の違いがつかめましたか?期間、場所、料金…自分に一番合った方法を選んで、免許取得にチャレンジしてくださいね。