合宿免許での気になるところ(ネイル・タトゥーなど)

目次

合宿免許中はネイルを楽しめる

ネイルが好きな女性は合宿免許の最中に爪の手入れをすることができるのかと心配になるかもしれませんが、これは全く問題がなく運転に支障がなければ自由に楽しむことができます。
爪が長くて運転に支障が出てしまうというのであれば、それは注意されてしまうこともありますが運転をするのに問題がなくお洒落をする程度あれば全然問題はなく、合宿中でもネイルをして楽しむことができます。

自分の場合には教官が女性の人だったので、そのことで話が盛り上がってサロンのことなどの情報交換をすることができて、免許とは関係のないところでオトクな情報を手に入れることができました。
合宿免許中というのは教習が終わった後というのは自由な時間がたくさんありますから、爪の手入れをしてみたり時間のかかるデコレートをするには最適であり、普段できないことでもできたりするんですよね。
合宿免許は免許が取得しやすいというだけが利点ではなく、このように自由な時間が多くてゆっくりと過ごすことができるというのも大きな利点だと思います。
教習所によっても待遇というのは変わってくるのかもしれませんが、評判の良い教習所で合宿免許を取れば楽しく免許の取得ができますよ。

合宿免許でのタトゥーについて

合宿免許の場でタトゥーの入った人がいたりしたら、少し萎縮してしまうものですよね。
最近はデザインとして認められつつありますが、やはりこのようなものが入っている人は怖い人だというイメージがあるので、一緒に教習は受けたくないという人は少なくないものです。
そのため、合宿免許ではタトゥーの入った人は入校お断りということもありますが、これはすべての場所がそのようなルールが有るとは限りません。

例えば、風呂などが共同の場合にはどうしてもタトゥーが目立つことになりますから、そのような人は断られてしまう場合も多いのですが、個人部屋が割り当てられていて風呂なども各自の部屋に完備されており基本的に他者との交流がないような場所では肌を人前で晒すということもないので、特に問題とされない場合もあります。
常に彫り物をむき出しにして威嚇をするような相手がいるのであればともかくとして、普通にそれを隠している状況であれば相手がタトゥーを入れているのかいないのかというのもわからないものですから、特に問題となるようなことはありません。
そして、実際に問題となるような人がいれば後からでも教習所側が対処してくれるので、このことで心配をする必要はないのです。

合宿免許でタバコのことが気になる人は

合宿免許で免許を取得しようと考えているときに、タバコのことが気になるという人もいるのではないでしょうか。
愛煙家であれば喫煙できるかどうかというのはかなり大きな問題となりますし、逆に煙が苦手な人は相部屋で喫煙をされるのは嫌だなと思うものです。

そこで、合宿免許におけるタバコの扱いはどのようになっているのかというと、場所にもよりますが基本的には喫煙場所でのみ吸うことができ、それ以外は禁煙になっているという場合が多くあります。
今の時代は分煙が強く意識されるようになりましたから、共有の場所で喫煙をすることができるということはなく、しっかりと分煙をされているので喫煙者であっても煙が苦手な人であっても快適に生活することができるようになっています。

個人部屋の場合などには部屋での喫煙が認められていることがあるので、その場合にも愛煙家とそうでない人のすみ分けがしっかりとできるようになっているので、どちらの場合であっても安心して合宿免許を受けることができます。
このように合宿免許ではタバコを吸う人も吸わない人もどちらにも、配慮をされているので合宿免許を検討している時にタバコのことで不安に思うことはないのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる