合宿免許を3月に取る予定を立てている人への注意点

運転免許を取る選択肢として、人気のあるものが合宿免許です。通って取得する従来の方法ではどうしても時間が掛かってしまいますが、合宿免許だと期間を凝縮することにより学習の密度を上げ、習得やテストの道のりを2週間ほどで終わらせるのです。

目次

卒業のタイミングで3月に混み合う

自動車の運転免許は住んでいる地域にもよりますが、資格の中では優先して取る資格と言えるでしょう。特に男性は就職をすると、さまざまな場面で運転が必要な場面に出くわすからです。常日頃から車を運転する役割でなかったとしても、たまに運転する機会があった時に先輩や上司に運転してもらっていたのでは締まりません。そのため、特に就職直前の3月にある大きな休みを利用して、合宿免許で免許を取ってしまおうという人がたくさんいます。就職してしまうとまとまった休みが取れないため、2週間前後の合宿というものは学生やフリーターでこそ行けるものと言えるでしょう。

しかしここで注意しなければならないのは、そう考える人がたくさんいるという点です。合宿免許を行っている教習所は全国にたくさんありますが、需要が集中してしまうと3月付近の予約は埋まってしまいます。つまり、年賀状やカレンダーのように前々から準備して、早めに予約を取るべきものなのです。特にこういったものは旅行気分を味わえるため、卒業のタイミングということもあり友達と一緒に受けに来る人も多くいます。一人なら自由に都合が付くとしても、友達3、4人で予定を合わせて予約するとなるとスケジュール調整が必要になるのです。そういったことを早めに、できれば前の年の10月ぐらいには調整しておくと良いでしょう。教習所側も、それぐらい早くしないと予約が埋まりますよと告知しています。

旅行の要素を計算に入れた合宿免許

合宿免許の生活は勉強漬けではありますが、さすがに自由時間は存在します。友達と一緒でも、そうでなくても共同生活というものは仲間意識が芽生えるもので、一緒に勉強する人たちと意気投合して仲良くなるパターンは多いのです。合宿所にもよりますが、個室のところもあれば大部屋のところもあり、特に大部屋では仲良くなる早さが違ってくるでしょう。そうなると一緒に遊びたくなるのが世の常で、昨今の合宿所では観光を意識した遊びに行きやすい立地などを用意しており、半分観光気分で免許を取ることができるのです。

混む時期になると予約が取れなくなるこういった合宿所ですが、通う訳ではないので家からの距離にそこまで気を遣う必要はありません。行きと帰りは一回ずつなので交通費はそこまで膨れませんし、家から遠い場所ほど旅行気分が味わえるからです。特に都内に住んでいる学生などは、敢えて地方都市の合宿所を選び、旅行を楽しみつつ免許を取ることが多いと言います。その要素を考えれば行きと帰りにどこかを経由することで、よくばりな旅行まで楽しめるのが合宿免許なのです。

せっかくの遠出を利用して楽しみつつ免許を取る

就職前の最後の休みに需要の多い合宿免許ですが、そう考えている人が多いことは意識しておいた方が良いでしょう。そしてまたせっかくの遠出を有効利用し、友達との旅行に仕上げてしまうことも可能なのです。免許の取得自体も楽なものではないですが、遠くへ行く機会を無駄にせず、楽しみつつ免許を取りましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる