高校生の免許取得には短期集中できる「合宿免許」が最適

高校生が免許取得の適正年齢を迎えると、部活や受験勉強で忙しい時期に差し掛かります。本項では、高校生が免許取得するメリット・デメリットや、繁忙期でも免許取得を目指せる「合宿免許」について解説します。

高校生でも教習を受けられる?

普通自動車免許を初め、免許取得には法律で定められた年齢があります。高校生の場合は、普通二輪免許なら満16才から、普通自動車・大型二輪免許なら満18才以上から取得可能です。最速で免許取得を目指す人は、高校一年で普通二輪免許を取得、高校三年で普通自動車免許を取得するというタイプが多いでしょう。ただし、通う高校によっては校則で禁止されていたり、遅生まれだと進級・卒業を迎える年に満年齢になるので、必ずしもこのタイミングで取得できる訳ではありません。

高校生で自動車免許を取得するメリット

高校生の内に免許を取得する一番のメリットは、「学割が適用されること」です。大学生からの免許取得にかかる受講料金は30万円前後が相場ですが、学生の場合は「学生割引」が適用されるため安くなり、費用が安くなるサービス・キャンペーンの特典を受ければ25万円以下まで割引できます。さらに、運転免許証は学生証やマイナンバーカードよりも強い「身分証明書」として便利で、社会人になれば銀行口座の開設・クレジットカード作成などの金融サービス利用で、必ず必要に迫られます。早めに身辺の環境を整えておきたい場合や、今後さらに忙しくなる見込みである場合は、敢えて高校生の内に取っておくのも賢明な判断です。

また、普通運転免許を必須資格としている企業も多く、高校生からアルバイトや就職活動を行う場合は、寧ろ所持していないと困る事になります。このように、車を利用しなくても様々な場面で利用できる便利な証明書なのです。

高校生で自動車免許を取得するデメリット

最大のデメリットは、「必要時間・経費という様々なコストがかかること」です。免許取得には学割適用でも25万円前後の取得費用が必要で、通学免許の場合だとスケジュールを切り詰めなければならず、3か月~6か月ほどの長期間を要する見込みになります。これは高校生だけの問題ではありませんが、部活や受験勉強などの繁忙期に差し掛かり、例え学割の恩恵があっても資金を無駄にできない高校生の時分では、これらのデメリットが非常に高いハードルとなります。さらに、受講者本人の習得ペースが遅ければ遅いほど、更なる費用・時間を浪費することになってしまいます。

高校生には短期取得が可能な「合宿免許」がおすすめ

空き時間の少ない高校生活では、通学免許だとハードなスケジューリングを要求されてしまいますが、この問題を解消できる教習が一つあります。それは、自動車学校が指定する宿舎に宿泊し連日教習を行う「合宿免許」です。合宿免許は「安い」「短期間」「場所を選べる」というメリットが三拍子揃ったお得な教習で、合格率も高いため安心して受講できます。普通自動車免許だけでなく、大型免許・普通二輪の場合でも受講可能なので、取得を希望する免許に合わせられるのも利点です。何かと忙しくお金が必要な高校生でも、安く、長期休みなどに短期集中できる合宿免許は、最適の教習と言えます。

高校生の免許取得はスケジュールとの相談が必須

忙しい高校生活の中で免許取得を目指すのは大変厳しいですが、合宿免許という選択ができる環境なら、決して不可能なことではありません。高校の内に取得しておくか、時間に余裕のある大学まで先延ばしにするかは、自分のスケジュールと相談しながら決めましょう。